不動産登記の種類について

きちんと不動産登記を書く

どんな時に書くものなのか

何を書くのか調べてみよう

表示登記には、まず住宅が建設されている住所を記入します。
それから床面積を書いてください。
間違えたらいけないので、住宅の設計図を見ながら書きましょう。
住宅が完成した日も記入します。
さらに、誰が住宅を所有しているかも書かなければいけません。
所有者の生年月日も、表示登記に記入する決まりになっています。

新しい建物にした際は、必ず表示登記を済ませなければいけません。
書く内容が多いですし、設計図を見ながらでないと書けない部分もあります。
焦って書くと失敗するので、ゆっくり書いてください。
事前に表示登記を書かなければいけないと理解して、時間を確保しましょう。
ゆっくり作業を進めれば、間違えることはないと思います。

司法書士に依頼することができる

自分で表示登記を書くのが難しかったら、専門家に任せても良いと思います。
司法書士に依頼すれば、代わりに表示登記を書いてくれます。
書き方がわからない人や、書く時間がない人は依頼してください。
司法書士に書いてもらう場合は、料金が発生します。
事前に見積もりを聞いて、支払える金額だったらお願いしましょう。

大体、20000円から40000円で依頼できます。
これよりお高い金額を提示された場合は、一旦キャンセルしてください。
評判が悪い司法書士は、相場よりも高い金額を請求する可能性があります。
見積もりを聞いて、納得できてから依頼してください。
利用者が多い司法書士なら、大きなトラブルが起こることはありません。
人気を調べてください。