不動産登記の種類について

きちんと不動産登記を書く

買ったり譲ってもらった時に書く

トラブル回避に繋がる

所有権移転登記とは、不動産を買ったり譲ってもらったりした時に書くものです。
これをきちんと書いていないと、いつまでも所有者が別の人の状態になってしまいます。
住んでいるのは自分でも、所有権が別の人に会った場合はその人のものになります。
ですから、急に家を追い出されることがあるかもしれません。
何か不当なことを言われた場合は、所有権移転登記を見せてください。

自分が正式な、所有者だとアピールできます。
所有権移転登記を見せれば、誰も文句が言えなくなるでしょう。
これからどんなトラブルが起こるかわかりません。
スムーズにトラブルを解決するために、所有権移転登記が必要です。
忘れないで記入して、万が一の事態に備えておきましょう

遺産を受け継いだ時に必要

家族や親戚がなくなった時は、遺産を相続します。
お金を受け継ぐこともありますが、土地や建物などの不動産を受け継ぐこともあります。
自分が不動産を受け継ぐことに、納得できない人物がいるかもしれません。
遺産相続で揉めることがあったら、所有権移転登記を見せましょう。
必要な時に見せることができないと、遺産相続に関するトラブルが大きくなります。

信頼できる親戚でも、お金や不動産が絡んでいれば人が変わります。
自分が所有者だと言えるよう、遺産として不動産を受け継いだらすぐに所有権移転登記を書きましょう。
後回しにすると、そのうち忘れてしまいます。
自分が所有権移転登記を持っている限り、他の人は勝手なことができません。