不動産登記の種類について

きちんと不動産登記を書く

住宅ローンを組む時に使う

借金の返済に関係する不動産登記

抵当権設定登記は、借りた金額が多い時に記入するものです。
住宅を買う時に、お金を借りたりローンを組んだりすることがあるでしょう。
もし借りた金額を返済できなかった場合は、不動産を売って返済します。
その時に抵当権設定登記を使うので、必ず書いてください。
自分は絶対に返済できると思って、記入しない人が見られます。
しかし人生は、何が起こるかわかりません。

もしかしたら仕事がうまくいかなくて収入が減り、返済が滞ってしまうかもしれません。
抵当権設定登記を書いていなかったら、スムーズに競売ができなくなるのでさらに返済が遅れてしまいます。
もしかしたら返済できないかもしれないと思って、抵当権設定登記を書いておきましょう。

どのタイミングで書くのか

抵当権設定登記は、住宅ローンを組む時に書くのが一般的です。
こちらの不動産登記も、専門家に任せることができます。
お金が掛かりますが、間違いが起こりませんし早く済むので、司法書士に任せても良いと思います。
司法書士に抵当権設定登記を書いてもらう場合は、50000円前後と高額になります。
前もってお金を用意して、依頼してください。

住宅ローンを組む時に、すぐ司法書士に連絡できるよう準備しておきましょう。
もちろん、自分で抵当権設定登記を書くこともできます。
費用を浮かせたい人は、頑張って書いてください。
借りた金額やローン会社の名前、そして自分の名前などを書きます。
利息なども書くので、住宅ローンを組む際に、一緒に書くと楽ですね。