不動産登記の種類について

きちんと不動産登記を書く

LINKS

不動産オークションとは

不動産オークションって何?どうしたら参加できるの?初心者さんに向け、仕組みや手順を紹介します。

新しい住宅を入手する時に書く

住宅を新しくする際に、不動産登記を書きます。
一般的に書かれるのは、表示登記というものです。
あまた所有権保存登記という種類もあります。
しっかり済ませないと、新しい住宅で暮らすことができません。
それぞれの投機によって、記入する内容が異なります。
不動産登記を書く時は、何を書けば良いのか調べておきましょう。
事前に知っていれば、実際に書く時になってもスムーズに作業を進められます。

不動産を買った時は、所有権移転登記を済ませてください。
すでに完成している住宅を買った場合は、こちらを記入する決まりになっています。
また、不動産を誰かから譲り受けることがあります。
その時も、所有権移転登記を済ませなければいけません。済ませていないと、いつまでも自分の不動産にはなりません。
もし相続のことで揉め事が起きた時に、所有権移転登記を書いていないと自分が不利になってしまいます。

住宅を購入する時に、一括で支払えない人がほとんどだと思います。
ですから、ローンという制度があります。
住宅ローンなら、毎月得少ない金額を支払うだけなので、返済できるでしょう。
ローンを組む時に、抵当権設定登記というものを書いてください。
記入漏れがあると、ローンを組めなくなります。
住宅を買えないので、きちんと自分が記入するべき部分を理解してください。
自分で描くのが難しかったら、司法書士に依頼しても良いと思います。
司法書士なら、間違いなく記入してくれるでしょう。

どんな時に書くものなのか

表示登記は、住宅を新しくした時に書きます。 住宅の住所や、面積などを記入します。 細かく記入しなければいけないので、住宅の設計図があると書きやすいです。 司法書士に依頼すると、自分の代わりに書いてくれるので便利です。 無理せず、専門家に任せましょう。

買ったり譲ってもらった時に書く

新しく不動産を買った時に。所有権移転登記を書きます。 買った際だけではありません。 譲り受けた時も書くと、覚えておきましょう。 急に家族が亡くなって、不動産を相続する可能性があります。 その時に戸惑わないよう、前もって所有権移転登記の書き方を知ってください。

住宅ローンを組む時に使う

住宅を買う時に、ローンを組む人が多いと思います。 その時にも、不動産登記を書かなければいけないと覚えておきましょう。 抵当権設定登記という種類の、不動産登記になります。 万が一住宅ローンを返済できなかった時に活躍するので、忘れずに書いてください。